信じられないほど仕事で上司が使えない奴だったときの対処【イライラする!】

ウザイ上司の対処法
スポンサーリンク

使えない上司の下で働くのは相当にストレスがたまります。頑張って仕事を仕上げても使えない上司のところでストップしてしまえば苦労は報われずやる気も削がれてしまいます。

いっその事いなくなってくれたほうが仕事がはかどるのにと溜息をつきたくなることもありますが、そんな使えない上司程なぜか上への受けがよいものです。使えない上司の尻拭いに追われるようでは正当な評価が得られません。

スポンサーリンク




使えない上司とどうにかやっていくための対処法

どのように対処すれば使えない上司の下でも上手に仕事ができるのでしょうか。今回は、使えない上司への対処法を5つ紹介します。

接触を極力減らす

使えない上司に関わっていてもいいことはほとんどありません。仕事の相談をしても要領を得ないのであれば接触を極力減らすのが懸命な選択です。使えない上司と言っても管理職である以上はある程度のコミュニケーションは避けられませんが仕事の指示など必要最低限の接触だけに留めるようにしましょう。

接触回数を減らせば話す度に内容がコロコロ変わることもありませんし余計な手出しをされるリスクも回避出来ます。上司に相談できないというデメリットは生じるものの、使えない上司に相談してもいいことは殆ど無いのですから大きなマイナスは生じません。上司のおもりをさせられるくらいなら接触しないほうがお互いにとっていい結果を招きます。

ただし、最初から最後まで上司と一切接触しないのは問題です。使えない上司ほど仕事に関わったという形だけは取りたがるので、余計な口出しをしにくいいところまで仕事が仕上がった段階で適時報告を入れましょう。使えない上司であっても一応は顔を立てるのが賢い対処法です。

上司の指示を記録しておく

使えない上司と言ってもタイプはいろいろです。仕事には熱心なのに能力が不足している無能な働き者タイプの上司である場合、仕事に対して事細かに口を出したり計画を押し付けてきます。

こういったタイプの上司は一見有能に見えますが能力が低いため実際の成果が出ることはほとんどありません。部下としては自由に仕事をさせてもらえないのに失敗の責任を押し付けられてしまうため、一歩間違えると使えない上司の無能が原因でキャリアに傷が付く恐れがあります。

無能な働き者タイプの使えない上司に対する対処としては、上司の指示を事細かに記録しておくのが有効です。全ては上司の指示であり発案であると証明できる記録が残っていれば仮に仕事で十分な成果が出なかったとしても責任が上司にあることを証明できます。指示書や計画書はもちろん通話やメールの記録なども保存しておきましょう。

思い通りに操縦する

仕事をしたがらない使えない上司に対しては思い通りに操縦するのが有効な対処です。とにかく仕事をサボる怠け者タイプの上司は基本的に仕事は部下に任せます。問題なのは肝心なところで余計な口出しをされることで、9割型仕上がった仕事に対して思いつきで方向性を変えられたり突然方針転換をしてこれまでの苦労がパーになってしまうケースがよく見られます。

怠け者タイプの上司の特徴としては部下が成果をあげている限り自分から動こうとはしないことです。仕事をサボるのは腹立たしいことですが、これを逆手に取って上司をうまく操縦すれば思い通りに誘導することが可能です。

例えば提案をするときなどは本命のアイデアと極端なアイデアを並べて提出することで自然に本命のアイデアが採用されるよう誘導できます。上司には提案の中から最終決定をした、という仕事が生まれるのでメンツを潰すことなく思いどおりに仕事を進められるでしょう。

なるべく仕事させない

やる気を出されるとかえって仕事が増えてしまう。そんなやっかいな使えない上司に対してはなるべく仕事をさせないのが最適の対処です。部下の仕事を取りたがる上司というのは案外多く見られます。

業務のすべてに関わりたい、有能な自分が手を出したほうが仕事がうまくいくという思いからの行動ですが、使えない上司ほど部下の仕事に口を出したがるものです。結果として部下は余計な口を出されて仕事の効率が悪化してしまったのに成果が出ないことを張本人である上司から叱責される、という最悪の事態が待っています。

部下の仕事を引っかき回すタイプの上司には当り障りのない仕事を押し付ける方法が有効です。簡単だが量が多い仕事を上司に押し付ければ部下の仕事に口を出す余裕が無くなります。あなた以外には頼めない、というような自尊心をくすぐるフレーズで仕事をお願いすればいい顔をしたがる上司は喜んで引き受けてくれるでしょう。

無能さを多くの人に知ってもらう

使えない上司がなぜ会社で生き残っているのか?それは上司の無能さが知れ渡っていないからです。経営競争の厳しい昨今、使えない人材を雇っておける余裕がある企業はありません。

使えない人材は淘汰されていくのが自然な流れですが、使えない上司ほど自分の無能差を上手く隠すくことに長けています。部下の手柄を横取りしたり僅かな成果をさも大手柄のようにアピールしたりと、仕事に対する能力の低さとは対照的に自分を売り込む処世術だけは一流です。

部下としてできる対処は、いかに上司として使えないかを広く知ってもらうことです。今までにあった被害や迷惑をかけられたエピソードなどを同僚や他部署の上司にそれとなく話しましょう。うわさ話がきっかけとなって使えない上司に注目が集まれば無能さは確実に知れ渡ります。

あまり大げさに話すと逆に誹謗中傷していると思われてしまうので、あくまでも噂話程度にさらりと話してください。使えない上司よりも更に上の立場の人間にうわさが届けば大成功です。仕事ぶりを細かくチェックされて上司の使えなさが上層部に理解されれば職場環境が大きく変わる日も近いでしょう。

  • 仕事を辞めたい…。
  • 職場になじめない…。
  • 環境のいい職場で働けたら!

そう思ったら、転職サイトに無料登録しておきましょう。無料登録しておくだけでアナタにあった求人情報をピンポイントで教えてくれるので、働きながら転職先を見つけることができますよ!

ウザイ上司の対処法
スポンサーリンク
うざい上司に別れをつげて新しい職場へ転職だ【うざ上司サラバ】