スポンサーリンク

相性の合わない上司の対処法!楽しく働くために必要なこと【気が合わない】

ウザイ上司の対処法
スポンサーリンク

「どんな会社なのか」は入社前にある程度わかります。しかし「どんな上司なのか」は入社前にはわかりません。だからこそ入社していざ働いてみると、とんでもなく相性の合わない上司の元で毎日仕事をしなければならないなんていう事も少なくないです。

だからといってすぐに「辞めますね」というわけにもいきませんし、「上司がうざいんでチェンジ」なんて事もできません。上司と合わないとしてもなんとか上手に仕事をしていく必要があります。

そこで今回は相性の合わない上司との付き合い方について、色々な角度から対処法を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

相性が合わない原因は?

相性が合わない原因には大きく2つの種類があり、仕事においての相性の悪さと仕事外での相性の悪さがあります。

仕事においての相性が合わない理由

  • 指示が適当だったり抽象的
  • 仕事のペースが合わない
  • 上司の仕事の効率が悪い(指示が的外れ)

仕事外・プライベートでの相性が合わない理由

  • 単純に性格が合わない
  • 上司が不潔だったりだらしがない
  • プライベートにも干渉してくる

それぞれいろいろな対策方法がありますが、まずは上手に付き合っていく方法から考えてみるとよいです。

相性が合わなくても上手く付き合う

相性が合わない上司だったとしても、仕事ですのでまずは上手く付き合っていく方法を模索しましょう。仕事中に相性の悪さを感じる場合というのは、自分の力不足だと思って今以上に機転を利かせて行動すると良い結果に結びつきやすいです。

この時、上司に認められて良い関係を築くのではなく、あまり相性の合わない上司を意識せずに仕事に取り組む方が気も楽ですし良い結果も得やすいです。

仕事外での相性の悪さを感じる場合の方が難しい場合が多いです。というのもこういった悩みを与えてくる上司の場合は公私混同しているタイプの人も多く、こちらが何か指摘すると立場が悪くなってしまう可能性も高いです。

ですので可能な限り距離をとって付き合うようにして、プライベートな事は一切話さないように気をつけましょう。また、あまりにも度が過ぎることに関しては上司と仲がいい別の誰かに頼んで注意を促してもらうなどの方法が好ましいです。

相性が合わないから戦う

上手く付き合うことが難しい時は思い切って戦いましょう。自分が悪い場合は我慢して頑張ることも大切ですが、パワハラのような状態になっていたり明らかに上司が悪いのに改善が見込めない場合は戦うことも必要です。

戦うと言ってももちろん暴力ではありませんし、反抗期の時のように喧嘩腰でつっかかるなどではありません。大事なのは問題をしっかり相手に提示して、その解決のために戦うことです。

特に仕事上必要なことに関しては積極的に発言していきましょう。上司によっては関係が悪化してしまう場合もありますが、他からの評価が上がる可能性は高いです。

またプライベートなことに関しては無意識で行っている上司も多いので、1度しっかりと断るとそれ以上踏み込んでこなかったり気をつけるようにしてくれる方もたくさんいます。相手のプライベートな部分を正すことになるので普段以上にこちらも踏み込む必要は出てきますが、改善は意外と楽だったりします。

相性が合わないので逃げる

相性の合わない上司にがんばって合わせようとしてもできず、戦ってみたけれど敗れてしまってどうしようもないという場合は、逃げるという選択肢もあります。

人生の大半は仕事ですので、働きやすい環境に身をおくことはとても大切です。我慢していればいつか改善が見込めるなら別ですが、変わりそうもないのであれば早めに居場所を変えることは悪いことではありません。

ただし、逃げるといってもいろいろな逃げ方があります。今の仕事は変えずに、指示を仰ぐ相手を変えたり仕事以外では関わらないようにしてすぐに帰るようにしたりという方法や、移動願いを出したりなどという方法もあります。

もしそれらが無理なのであれば転職も良い転機になるかもしれません。新しい場所へ移れば確実に今の上司はいなくなります。ただし人間関係の改善だけを目的に転職する場合、転職先にも同じような上司がいないという保証がないことは忘れてはいけません。

そして転職した先で同じ悩みを抱えてしまったら、更に転職するなどと職を転々とすると自分の立場もなくなってしまいやすいので、リスクを考えながら行動することが大切です。

所詮は仕事と割り切る

相性の悪い上司と上手く付き合い、戦って、逃げると3つの方法をご紹介しました。これらの方法はどれも有用ですが、あまり思いつめず所詮は仕事だと割り切ることもとても大切です。

相性が合わない相手は友達ではなくただの仕事の上司です。必要以上に気に留めないようにして他に目を向けるというのも大事なことです。そうしているうちに何とも思わなくなるという場合もあります。

また、例え上司であっても一生一緒にいるわけではありません。1日単位で考えると長く一緒にいる感じがするかもしれませんが、一生で見れば微々たる時間です。長い目で見れば、すぐに二度と合わなくなると考え方を変えて接すると相性の悪さも感じにくくなります。

まとめ

以上、相性の合わない上司との付き合い方について対処法を紹介しましたが、まずはなぜどんな部分の相性が合わないのかを明確にして、それぞれの環境や状況にあった対処を心がけるようにしましょう。また、同時にあまり気に病んで考えすぎないことも大切です。

合わない上司と上手に関係を気づいたり対処できるようになれば、仕事も更に楽しくなります。ぜひ上記を参考にして良い関係を築いてみてください。

  • 仕事を辞めたい…。
  • 職場になじめない…。
  • 環境のいい職場で働けたら!

そう思ったら、転職サイトに無料登録しておきましょう。無料登録しておくだけでアナタにあった求人情報をピンポイントで教えてくれるので、働きながら転職先を見つけることができますよ!

ウザイ上司の対処法
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うざい上司に別れをつげて新しい職場へ転職だ【うざ上司サラバ】