スポンサーリンク

【上司がうざい】イライラとストレスで辞めたい!と思ったらやる対処法

ウザイ上司の対処法
スポンサーリンク

会社にうざい上司がいると、非常にストレスが溜まるものです。「なんでこんな上司の下で働かなければいけないんだ…」と悩んでいる人は多くヤフー知恵袋でもよく見かける質問です。

また、うざい上司に対するイライラ、ストレスがピークに達すると、会社に行く気力も失せがちです。部下思いの素敵な上司ばかりだったら最高ですが…残念ながら現実は厳しいです。

スポンサーリンク

うざい上司にオススメな対処法

もはや会社員である以上、「うざい上司」という存在からは逃れられないと言えるでしょう。そこで今回は、「上司がうざい」と感じた時にオススメな対処法をご紹介します。

仕事で結果を出す

うざい上司がいると、常にイライラしてしまうため、集中力が下がりやすくなります。そして集中力が下がると、当然ながら仕事にも悪影響が出てきます。

作業がはかどらない・凡ミスを連発するなど、仕事のクオリティがどんどん下がっていくのです。
そうなると、うざい上司はすかさず不満をぶつけてきます。

もちろん、ミスをすれば叱られるのは当然です。お金をもらって仕事をする以上、ミスを繰り返すのはあってはならないと言えるでしょう。

そのため「今後は注意してほしい・もっと頑張ってほしい」という思いから、しっかり注意するのは何の問題もありません。上司からのありがたい言葉として素直に受け止めるべきでしょう。

しかし、うざい上司の場合、部下のことを思って指摘・注意するわけではありません。「攻撃する良いキッカケができた」と考え、むしろ内心では相手のミスを喜んでいます。そしてここぞとばかりに文句を言ってくるのです。

そんなうざい上司への一番の対処法は、仕事で結果を出すことです。ミスを犯さず、常にクオリティの高い仕事をすれば、いくらうざい上司でも何も言えません。

まさにぐうの音も出ない状態です。自分のレベルも上がり、うざい上司も黙らせられる、一石二鳥な対処法です。うざい上司のことは気にせず、目の前の仕事をバリバリ頑張りましょう。

指示を細かく確認しておく

一貫性のない上司も、部下からうざいと思われがちです。仕事の指示がコロコロ変われば、誰しも「困るな」「うざい」と思ってしまうものです。そんなうざい上司と仕事をする時は、指示内容を何度も確認しましょう。

「○○は××ということでよろしいですか?」「この認識で問題ありませんか?」など、指示を出されたらその都度確認してください。また確認の際は、メモをして正確な記録を残しておくこともオススメです。

繰り返し確認をとっておけば、突然指示が変わった時に反論しやすくなります。それでも素直に認めない場合は、「コチラはきちんと確認した」ということを会社側に伝えましょう。会社側から注意されれば、上司もさすがに「やばいな…」と感じて反省します。

完全に受け流して徹底的にスルーする

上司がうざいと感じたら、「受け流すこと」「スルーすること」「無視する」のも有効です。嫌味っぽいことや意地悪なことを言われても、アハハと笑って適当に受け流しておきましょう。また時には、「仕事に集中している」という姿勢を利用して、全くの無反応をするのもアリです。

こうした味気の無いリアクションをされると、上司は「つまらない」と感じます。素っ気ない反応がずっと続けば、いずれ飽きて嫌なことを言わなくなるでしょう。

逆に、腹を立ててムッとしたり、悲しそうにしたりするのはNGです。上司にとって最高のリアクションなので、まさに「上司の思うツボ」といった状態になります。

うざい上司をまともに相手する必要はありません。仕事に集中して、受け流し&徹底スルーの姿勢を貫きましょう。

逆に親しくなってみる

上司に対して「うざい」という思いを抱くと、どうしても否定的な先入観を持ってしまいがちです。しかし、「きちんと接してみたら実はイイ人だった」ということもあり得ます。そのためうざい上司がいたら、まずは試しに距離を縮めてみるのもひとつです。

もちろん、パワハラ・セクハラ・モラハラなど、どう見ても明らかに問題大アリな上司は別です。その場合は無理して親しくなる必要などありません。

ただ、中には「口は悪いけど実は部下思い」という上司もいます。やはりきちんと接してみないと、その人の本質はわかりません。逆に「いい上司と思っていたけれど、実は腹黒だった」なんてこともあります。

うざい上司だなあと感じたら、まずは自分から近付き、あえて親しくなってみましょう。上司の意外な一面を発見できれば、うざいという感情が薄れ、今までよりも接しやすくなります。

思い切って転職する

上司がうざい場合の最終手段、それは転職です。「心底上司がうざい」「うざい上司のせいで会社に行くのが辛い」など、苦しみが限界に達したら、思い切って転職しましょう。

「もう二度とあの上司と働かないで済むんだ」と思うと、憂鬱な気持ちが消え、一気に明るくなれます。うざい上司のことで悩んでいたあの日々はなんだったんだろう…とすら思えるでしょう。

我慢し続けてストレスを溜めるのは身体に毒です。またストレスや悩みが強くなると、プライベートも楽しめなくなります。身体だけではなく、心にも大きなダメージを与えてしまうというわけです。もちろん社会で働く以上、時にはグッとこらえることも大切です。

しかし、ものには限度があります。自分の辛さを押し殺し、常に耐えっぱなしというのは問題です。そのため「逃げているだけかな…」とマイナスに捉える必要はありません。むしろ「ここから再スタートだ!」と前向きに考えてOKです。

今のままでは自分がどんどん追い詰められていくと感じたら、ぜひ転職を検討してみてください。もし転職が無理なら、異動を願い出るのもひとつです。

  • 仕事を辞めたい…。
  • 職場になじめない…。
  • 環境のいい職場で働けたら!

そう思ったら、転職サイトに無料登録しておきましょう。無料登録しておくだけでアナタにあった求人情報をピンポイントで教えてくれるので、働きながら転職先を見つけることができますよ!

ウザイ上司の対処法
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うざい上司に別れをつげて新しい職場へ転職だ【うざ上司サラバ】